ビジネスノウハウ

その仕草の意味は?心理を見抜く方法

いろいろな仕草がありますよね。そこから仕草の意味であったり、相手の心理が見抜けたら面白いと思いませんか?

また、ビジネスや友人関係、恋愛などでのコミュニケーションにも応用できそうですよね。

今回は仕草があらわす意味の代表的なものをみなさまにお伝えしていきます。

仕草の中でも「目」は口ほどにものを言う

「目は口ほどにものを言う」といわれるとおり、相手の目を見て話すということは、コミュニケーションの基本になります。

ただ、不自然なほどにずっと視線を外さないのは、警戒や挑戦を表すサインなので注意が必要です。好意や同意を抱いているときは、適度に視線をそらしながら見つめているはずです。

ちなみに、心理学の実験では、過去の体験や今までに見た風景を思い出そうとするときには視線が左上に向き、見たことのない光景を想像しているときは右上に向くという傾向がみられます。

あなたが質問したときに、相手の視線が右上をさまよっていたとしたら、その返答は疑ってみたほうが良いでしょう。

笑顔でわかる相手の心理

笑顔はコミュニケーションを円滑にしてくれます。ただし、表情は自分でつくることができるので、相手の表情から本音を見抜くのは難しいですよね。

知っておくべきなのは・・・本当の気持ちは顔の左半分に強く表れるということです。

なぜ左半分に本音が表れるのか?これは、脳の働きによるものです。

左脳は理系脳と呼ばれ、論理的思考、言語、数字、データなどを。

右脳は文系脳と呼ばれ、クリエイティブ、直感、ひらめき、感情、イメージ、芸術などを司っています。

脳から顔の筋肉に繋がる神経は、途中で左右反転します。そのため左脳の働きは顔の右側に、右脳の働きは顔の左側に、それぞれ表れやすいのです。

目が笑っていても、左の頬が不自然であったり、ひきつっているようであれば本心ではない可能性が高いので注意したいですね。

手や脚の仕草。その意味は?

手の仕草の意味

会話中に手のひらがこちらを向いたり、手を広げて机の上に置いたりしているときは、とてもリラックスしている状態なので話をよく聞いてくれています。顎をさするのも、話に同意し感心しているときのポーズなのでポジティブなイメージです。

逆に、鼻の下に手を当てたり、鼻の脇あたりをさすっていたりしたら、話を疑っているサインです。指で額の真ん中を押している場合は、納得できずに断りかたを考えているという状態です。

腕の仕草の意味

胸の高い位置で両肘を張るような腕組をしている場合は、強さや地位の高さをアピールしています。

胸の低い位置で身体にからめるような腕組で、背中を丸くして自分自身を抱きしめるような場合は、不安や緊張を緩和させようという気持ちの表れです。

同じように胸の低い位置ではあるが、身体にからめるような腕組で、心臓を隠しながら肘の先を相手へ突き出すような組み方は、自分を守りつつも相手を拒否しようという心の表れです。

脚の仕草の意味

脚はウソをつけないといわれており、膝やつま先は無意識に好意、関心のある方へ向いてしまいます。

これは、合コンなど男女間の関係はもちろん、会議などビジネスの場でも同じです。自分の意見に賛成している人は膝やつま先がこちらに向き、反対の人は上半身がこちらを向いていてもつま先は違う方へ向いていることが多いのです。

相手が足を組んでいるときは軸となる下の脚の向きで判断しましょう。

脚を軽く開いて座っているのは、リラックスして話を受け入れようとしている証拠で、脚を固く閉じたり組んだりしている場合は、緊張や不安を感じているか、他人の侵入を拒否しようとしている心理状態です。

仕草の意味 まとめ

思い込みはよくありませんが、仕草から相手の心理を見抜く材料をさがすことは可能です。

ビジネスや恋愛などコミュニケーションを円滑に進めていきましょう。

悪用は厳禁ですよ~。笑

  • 質問したときに視線が右上をさまよう場合は疑ってみる
  • 表情は顔の左半分に本音があらわれる
  • 手、腕、脚の仕草で心理状態がわかる

参考:「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!

お役立ち情報をお届けします!

副業の時代

サラリーマンも個人で稼ぐべき時代がきています。

副業で稼げる情報をまとめてみました。

こちらよりご覧ください(^^)

YouTubeチャンネル


suasiチャンネル
チャンネル登録してもらえるととても喜びます。

Twitter 3,000フォロワー突破!

各所であなたのお役に立てるよう頑張ります!

オススメ記事

コメント