アーリーリタイアプロジェクト

サラリーマンが会社を1カ月休職したらどうなるのか?

会社を1カ月休職してみたらどうなるのか?

いきなりですが、先日こんなツイートをしています。

 

…というわけでシレっとサラリーマンを休職しています。

では、実際に1ヶ月休んでみて、いま思う事を書いておきます。

休職して心身の変化は?

心身の変化をかなり感じます。正直かなりリフレッシュされました。

特にストレスから解放されて、精神的にはかなり良い状態になっています。

僕は仕事していると、いつかかってくるかわからないけど取引先からの電話は取り逃したくないし、メールも即レスしたいと思う性格なこともあり、常に臨戦態勢でずっと気を張り詰めている感じなんですね。

ですが、仕事も休んで3週間経つと、もう業務の確認などで電話がかかってこなくなりますね。代理や後任の人に完全にボールがパスできた感じなんでしょうね。

ここまで経ってようやく「あ~やっと解放されたな!」という気持ちになります。今まで休日があったとしても心の底からは休めていなかったんだなと痛感しました。

カラダだけでなく、ココロもしっかりとケアするとは、こういう事なんだと理解できました。

勝手に早起きするように

特にここ数日は今までにない程、朝早く目覚めるようになりました。しかもシャキッとした感じです。

元々朝起きるのが苦手で、平日の朝は憂鬱でしたからね。「これから仕事か…はぁ。」みたいなテンションで。

そんな僕でも朝が楽しみになりました。

「今日はどんな素晴らしい1日になるかな~!」というめちゃくちゃポジティブな感情にすらなっています。笑

正直、自分でも信じられないくらいの変化です。

休職して家族との時間が激増。

基本は家にいますので、家族と過ごします。

「子供は日中こんな風に遊んでたんだ~。」とか「こんなことができるようになってる!」みたいな些細な発見がたくさんありました。

小さいけれど、仕事に追われていると気が付けないようなことです。

でも、そういうのを見つけられるのは本当に幸せですね。

平日の朝に家族で散歩とか、本当に最高の時間だと思いましたね。

また…「妻も日中こんなに大変な時間を過ごしていたのね」と感じることもあり笑

改めて感謝したりと、贅沢な時間を過ごせていることに本当に感謝するようになりました。

仕事はしていないの?

もちろんサラリーマンとしての仕事は完全にゼロになりました。

でも僕はお金を稼ぐことが大好きなので(笑)2つのことは好きで継続しています。

  • ネットビジネス
  • 投資

改めて、僕はこれが好きなんだなと再認識しましたね。

だって、誰かにやれと言われていなくてもやってるんだもん。笑

ネットビジネスについて

ご覧いただいている「JASPER」とは別のプロジェクトをはじめました。

「JASPER」はあまりビジネス色のない日記みたいなものが多く含まれていますが、新たにビジネス色全開のものにも取り組みだした感じです。

これをどう成長させていけるかというのも非常に楽しみです。

将来的にはどこかで「JASPER」との統合も可能性が無くはない気がしていますが…どこにコミットしていくか悩ましいですね!

投資

投資に関しては特にデイトレに思う存分取り組んで

サラリーマンを辞めたら、何で生活していこうか…という時に思い浮かぶのはデイトレなんですね。

僕はここに非常に可能性を感じているので、勝ったり負けたりしながらですが、もう6年くらい取り組んでいますね。

そして!

この1ヶ月であり得ないくらい成長したと思うので、10月以降の成果は期待できるんじゃないかなと自分の中で手ごたえを感じています。

まとめ

休職して…過ごす時間の価値があがっていると言いきれます。

確実に良質なものになっています。

この生活をずっと手に入れたいと強く思うようになりました。

そのためには、生活を支える収入が改めて必要ですね。

サラリーマンを辞めても、この生活が続けれれるように、僕は努力していきます。

 

あ、ちなみに1ヶ月休んでみて思ったのは「世の中のサラリーマンは働きすぎ」ということです。

僕でも心休まるまで3週間くらいかかったので、いかに毒されているかということですね。

ぜひ、思い切って休職してみることをオススメします~!無責任か!笑

お役立ち情報をお届けします!

副業の時代

サラリーマンも個人で稼ぐべき時代がきています。

副業で稼げる情報をまとめてみました。

こちらよりご覧ください(^^)

YouTubeチャンネル


suasiチャンネル
チャンネル登録してもらえるととても喜びます。

Twitter 3,000フォロワー突破!

各所であなたのお役に立てるよう頑張ります!

オススメ記事

コメント