ビジネスノウハウ

プロスペクト理論とは何か?投資に例えてわかりやすく解説します。

プロスペクト理論とは何かご存じでしょうか?

人間は、いかなる場面においても合理的に行動する生き物だと思われていたが、実際はそうではなかった。

心理状態によっては非合理的な行動を取ることがある…というものです。

どういうことか、わかりやすく解説していきますね。

人は損することが大嫌い

  • 利益を得られる場面では、リスク回避を優先
  • 損失をこうむる場面では、損失を回避する

そんな傾向があるのです。それぞれ具体的にみていきましょう。

リスクの回避型

たとえば、以下のような2つの選択肢がある場合、どちらを選択しますか?

A:確実に10万円が手に入る。
B:コインを投げて表がでたら30万円が手に入る。裏が出たら手に入らない。

どちらを選ぶか。ちょっと考えてみてくださいね。

 

はい。

 

ほとんどの方は直感的にAを選択するのではないでしょうか。

しかし、合理的に考えればBを選択する方が正解です。

なぜなら期待値が高いからです。

A:10万×2/2 = 期待値 10万
B:30万×1/2 = 期待値 15万

不思議ですよね?

利益を得られる場面では、リスク回避を優先する。

これが「リスクの回避型」と呼ばれるものです。

損失の回避型

以下の2つの選択肢がある場合、どちらを選択するでしょうか?

A:確実に10万円が奪われる。
B:コインを投げて表がでたら30万円が奪われる。裏が出たら奪われない。

これについても、どちらを選ぶかちょっと考えてみてください。

 

はい。

 

直感的にBを選んでいないでしょうか?

こちらも合理的に考えればAを選ぶ方が正解となるのです。

A:10万×2/2 = 損失可能性 10万
B:30万×1/2 = 損失可能性 15万

人間は「確実に損失を出す」という状況を回避しようとします。

損失をこうむる場面では、損失を回避する。

これが「損失の回避型」と呼ばれるものです。

利益よりも損失を重大なことと感じる

同じ大きさならば、利益よりも損失の方を重大に感じるんですね。

例えば1,000万円を株に投資します。

利益が100万円でて、資産が1,100万円になった状態と

損失が100万円でて、資産が900万円になった状態とでは、

同じ100万円なのにも関らず!

100万円儲かる嬉しさよりも、100万円損する悔しさの方が大きく感じるようにできているんです。

(ちなみに私はすんごく納得しました。笑)

感応度逓減性(かんのうどていげんせい)とは?

扱う金額が大きくなっていくと、損得の感覚が薄くなっていくというものです。

どういうことが具体的にみていきましょう。

買い物で例えましょう

洋服を買いに出かけました。

お、この洋服いいな!と思って値段をみると4,000円でした。

しかし、歩いて15分くらい離れた店では同じものが3,000円で売っているという噂が聞こえてきました。

「1,000円も違うじゃねぇか!そっちで買うわ!」と思いますよね。

 

今度は、いいな~!と思った洋服の値段が219,000円でした。高級品です。

ですが、こちらも歩いて徒歩15分くらい離れた店では同じものが218,000円という噂が聞こえてきました。

「ちょっと遠いしここで買っちゃおうかな。」とか「そんなに変わらないのね~。」

なんて思いませんでしたか?これが感応度逓減性の具体例です。

投資でも例えてみましょう

ある株を買いました。

1万円くらい儲かればいいな~というようなテンションでエントリーしたとします。

しかし、すぐに1万円含み損になりました。

うわっ!1万円マイナスになってるじゃないか!でも損は嫌だから勝つまでガマンするぞ!

しかし、ズルズルと株価は下落していきます。

気が付けば含み損は3万円になりました。

3万円マイナスか…でも戻ってくるまで粘るぞ!

その後、株価は下がり続けていきます。含み損は10万円になったり、15万円になったりしています。

マイナス10万円くらいのところでやめようかな~…

そんなことを考えている頃には含み損が5万円減ろうが増えようが、どうでもよくなってきていませんか?

こういうことです。

最初は1万円でショック受けていたものが、気が付けば10万とか15万とかの含み損が誤差のように感じるようになるんです。感覚がマヒするのです。

(ちなみに私はすんごくよくあります。笑)

これらは人間の本能

このプロスペクト理論がはたらくわけを辿っていくと太古までさかのぼります。

太古は命がけで獲物(食料)を手に入れました。

命がけで手に入れた獲物(食料)ですから、必死に守るわけです。長期間の保存もできませんから「食料を失うこと=死」という状況だったわけです。

それほど食料の損失は避けなければならないものということです。

だから損失の回避が人間にはDNAレベルでインプットされているわけなんですね。

つまり、本能のままに投資やトレードを繰り返しても負けてしまうのです。

じゃあ、負けるしかないの?

自分には「プロスペクト理論」がはたらいていると自覚できたことは、その他大勢のトレーダーから一歩前進できたということです。

「あ~これいまプロスペクト理論にハマってるわ!あぶね~!」

という第三者的な考え方をすることでより冷静なトレードをすることが出来るようになります。

あらかじめ考えたシナリオ通りに、エントリー、エグジット&ロスカットをすることができれば勝率は間違いなくあがってきます。正解はシンプルだと思いますよ。

本能に逆らうわけですから投資も楽ではないですが、一緒に頑張っていきましょう!トレードの管理はアプリで!

本日は以上です(^^)

お役立ち情報をお届けします!

副業の時代

サラリーマンも個人で稼ぐべき時代がきています。

副業で稼げる情報をまとめてみました。

こちらよりご覧ください(^^)

YouTubeチャンネル


suasiチャンネル
チャンネル登録してもらえるととても喜びます。

Twitter 3,000フォロワー突破!

各所であなたのお役に立てるよう頑張ります!

オススメ記事

コメント