ニュース

同一労働同一賃金で正社員はオワコン!?働き方改革が進むいま正社員サラリーマンが知っておくべき衝撃の事実とは!

同一労働同一賃金で正社員はオワコン!?働き方改革が進むいま正社員サラリーマンが知っておくべき衝撃の事実とは!

今回は正社員はオワコンなのか?という話をしていきます。

サラリーマンの人にこそ知って欲しい情報をまとめています。

特に20~40代くらいまでのサラリーマンは特に

知っておかないとヤバいよとすら言える話をしていきます。

それでは早速みていきましょう!

動画でも解説しています!

同一労働同一賃金がスタート

まず、働き方改革の一つで「同一労働同一賃金」が始まることをご存知でしょうか?

実は2020年4月から始まります。もうすぐですよね。

内容を簡単にいうと正社員、契約社員、派遣社員で

同じ仕事をするのであれば、給料などの待遇も同じにしようね〜というものです。

つまり今まで正社員だけが受けていた

①非正規雇用よりも高い給料
②ボーナスの支給
③通勤手当や住宅手当など

これらが非正規雇用の人も対象になる可能性があるということです。

非正規で働いている立場の人からすれば
よっしゃーという感じですよね。

逆に、日本に2000万人以上いる非正規雇用のかたは
なんで同じ仕事してんのに、こんなに待遇違うんだよ
っていう不満を感じていたんじゃないかなと思います。

じゃあ、この制度のおかげでみんなの待遇がよくなって
みんなハッピーになるのでしょうか?

それは現実問題としてなかなか難しいですよね。

だって、誰がお金出すの?っていうところを考えてみてください。

国がルールを決めても、お金までは出してくれません。
日本自体が赤字体質ですからね。

だから給料を出す会社自体が工面する必要があるんですよね。

じゃあいま状況でどうやって工面するかを考えてみましょう?

正社員の給料を下げる

待遇を同じにしようね〜という名の下に、低い方に水準を合わせるということです。

同一労働同一賃金と言われると多くの人が
高い方に揃えるんだって勝手に想像していると思います。

それは会社はつぶれないとか
国が僕たちをまもってくれる~とか心のどこかで
思っていることの表れです。

いや〜でも大企業は大丈夫でしょ

そんな風に思っている方も多いと思いますが
給料ダウンというのは全然ありえると思います。

利益がバシバシ伸びているような企業は今なかなかないんですよ。

株とか投資をやられている方はご存知だと思いますが、
直近の決算報告では減益を発表している企業が目立ちましたよね。
特に大企業です。電通もソフトバンクも赤字でした。
日本の企業はそんなに余裕がないんですよ。

同一労働同一賃金って国が言ってくれたなら
ありがたく便乗しますよそりゃあ。

支出が減れば、企業としては助かりますからね。
やりたくてもやれないことを国が進めてくれたという感じでしょう。

社員数を減らす

会社が支払う給料の総額が減れば、
正規と非正規の待遇を合わせることができるようになるかもしれません。

実は、この「社員数を減らす」という動きはかなり顕著になってきています。

実際にこの1年だけでも日産、オンワード、LIXIL、味の素、東芝、ファミリーマート
三菱UFJ、パイオニア、富士通、カシオ、大正製薬、日本ハムと言った
名だたる企業が早期退職者を何かしらの形で募っているほどです。

特に給料の高い45歳以上くらいの社員を手放そうと必死です。

早期退職金を上積みしてでも
辞めてもらった方がいいという経営判断をしているわけですよ。
これはもう事実ですから、否定のしようがないんですよね。

つまり、この施策で悪影響をうけるのは正社員ということになりますよね。

正社員はオワコンなのか?

じゃあ、そんな状況なら正社員はもうオワコンなんじゃないのか?
という部分についてです。

僕の結論としては今はまだオワコンではないです。

ここ数年、個人で稼ぐ時代だと叫ばれて

フリーランスや独立が正義みたいな論調も強いですよね。

でも、サラリーマンの毎月入ってくる給料はやはり強いです。

僕の考えとしては
この給料がもらえている間に、会社からリストラされたり
会社が潰れても大丈夫なように準備しておくことが大切だと思っています。

だから僕も実際に、投資だけじゃなくて副業を始めました。

会社に頼らなくても何かしらで稼いで行こうと行動しているわけです。

で、行動しているとすこーしづつ稼げるようになってきます。

でもそこで思ったのは

給料を上回る金額を毎月稼ぐのってなかなか大変ということです。

単発で稼げることもあるけど、それを常に継続するのは想像以上に大変です。

思い切って会社やめようかとも思っていたんですけど
いきなり辞めなくてよかった〜と本当に思いました。

正社員サラリーマンなら毎月給料が入ってくるから、生活はなんとかなりますよね。

その安定感を武器に、色々とやってみることが正社員サラリーマンにとっての

今の僕なりの最適解なんじゃないかなと思っています。

非正規雇用者にとってチャンス

反対に、非正規雇用で働いている人にとっては
頑張り次第では待遇がよくなる可能性もありますからチャンスです。

どうせ頑張るなら、こういう潮目が変わる時にがんばることをおすすめします。

なぜなら、会社が「国の施策をまもってますよ~。」とアピールするために、そういう事例をつくる必要があるからです。

追い風がビュービュー吹いていると思ってぜひがんばりましょう。

とはいえ、非正規の方はいつ首を切られるかわからないという不安もあると思います。

だからこそ、個人でもかせげるスキルやノウハウなどを
磨いていく必要があるのではないでしょうか?

本ブログでは僕が実際に取り組んでいる案件や
稼げるようになる情報などをシェアしていくので
ぜひチェックしてみてくださいね。

また、もう今からでも
投資を始めようとか、副業をやってみたいという人には

おすすめしたい案件だったり、一緒に進めていきたい仕事もあるので
もし興味があればぜひ suasi@jasper2nd.com までご連絡ください。

ツイッターのDMでも構いませんよ(^^)

一人でやるよりも一緒にやった方が捗ることも多いです!

大変な世の中ですけど、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

〜日本大恐慌時代の一般市民投資戦略〜

コロナウイルスに
中央銀行の大金融緩和。

いま、世界は大転換期。
これから日本はどうなるのか?

知識があれば
対策をすることができる。

逆に…

何も知らなければ奪われるまま。

知識をつけて
大切な資産を守ろう。
必要な情報を全て詰め込みました。

ぜひご覧ください。

オススメ記事

コメント