育児・育休

5日目 赤ちゃんがいる生活には慣れてきたけど

赤ちゃんがいる生活に慣れてきた気がします。初日とかは家に新しい生物がいるだけで不思議な気がしてました。もちろん自分の子供なんですけど(笑)同じ部屋に息をして、動いたりしている赤ちゃんがいることがなぜだか本当に不思議でした。そんな育休生活も5日目になると何となく流れが掴めて気がします。

その一方で。妻に関してはかなりお疲れ気味。3時間毎におっぱいをあげたりしなきゃいけないことでまとまった睡眠が取れていなくてツラそうです。少しでも負担減らそうと協力できることはしようとしていますが、どうしても赤ちゃんが少し泣いたりすると起きてしまうみたいです。女の人にはそういう機能がプログラミングされているんですかね?DNAレベルで母親として子供を守るみたいな。僕なんかは赤ちゃん泣いていても全然起きなかったりします(-_-;)仕事関係のひとも夜中に赤ちゃんが爆泣きしててもいっさい気が付かなかったと話していました。

あとは深層心理的な部分だとは思うのですが。どうしても、育休を1ヶ月取っていてさえも“お手伝いしている感”が拭えないと思うんですよね。これはいつか絶対書かなきゃと思ったことです。育児は母親がするものだと、どこかで思っている気がします。自分自身も、父親は稼いできて、時々旅行とかキャンプとかのイベント事を仕切ってくれる、そんなイメージがありました。育児を完全に自分ゴト化して捉えられるまでは本当の意味での育休にはならない気がします。これには時間がかかるだろうし育休の1ヶ月では昇華しきれない可能性もあるなと感じました。反省も含めての一筆でした。

 

個人で稼げるようになる必要性…

世界のこと日本のことを知れば知るほど感じるのが

個人で稼ぐことの重要性。

これからの世の中は貧富の差がますます広がっていきます。

まずは月1万円を稼ぐ体験からしてみませんか?

難しいスキルやすごい経歴などは不要です。

やるか、やらないか。それだけです。

早速下記のバナーをクリックしてみましょう!

月1万円稼ぐ方法

やりたいことが決まっていない学生さんへ

新卒で大手人気企業に戦略的に入るのは賢い選択です。

働きながら自分のやりたいことに挑戦してみたり、副業してみたり…

そうやって自分のやりたいことや夢をみつけていきましょう。

ブラック企業では心も体も時間も消耗してしまいます。

興味ある人は下記から就活生向けメールマガジンが読めます。無料です。

コメント